パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【起動しない状態を直す】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
こちらは「起動しない状態を直す」のカテゴリーに分類した、見出しの一覧ページです。
起動しない状態を直す のカテゴリー








ページ案内
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容も新旧ともに定期的に、サービスを更新しています。





Windows10のパソコンが起動しない時の原因と修復方法は?
「Microsoft Windows 10」(マイクロソフト・ウィンドウズ・テン)の
オペレーティングシステムがインストールされているパソコンの電源を付けたら、
なぜか起動しない場合に起こり得る原因と、修復による解決の方法について。

パソコンが開かない主な原因は、たとえば電源ユニットが故障したり、CPUの熱暴走、
BIOSの設定変更でUSBメモリや起動ディスクが優先される、OSのシステムエラー、
電源コードの不良、Cドライブの空き容量が少なくなる、HDDの物理的な故障、
バッテリーの破損、コンピューターウィルスへの感染、などがあります。

システムの復元

まず、基本的な状態のチェックとして、
デスクトップパソコンの場合は電源コードがどこかで圧迫されて折れていたりせず、
PCケースに接続してあり、本体のスイッチもオンになっているかを確認します。

ノートパソコンの場合はバッテリーがまだ残っているか、または充電状態かを確認します。

バッテリーが長い期間の使用による膨張や過熱などで破損している場合があり、
その際にはノートパソコンの蓋を開けて交換をする必要があります。

また、Windows10の起動ディスクなどDVDドライブにディスクが入ったまま、
あるいはUSBコネクタにUSBメモリが差し込まれたままパソコンを再起動すると、
BIOSでそちらが優先的に読み込まれるのが原因でウィンドウズが開かないことがあります。

その際にはDVD-RやUSBメモリなどの外部記憶デバイスを一旦外します。

また、たとえばWindows 10にOSを変更すると同時にハードディスクを増設したり
SSDを交換したりした時に、BIOSの設定が変更されて、Cドライブ(ローカルディスクC)ではなく
Dドライブ~の方のボリュームが優先して読み込まれる場合があります。

その際には、一度パソコンを再起動して、ロゴ画面で専用のキーを押してBIOS設定画面に入り、
Windows10がインストールされたドライブ装置を優先して読み込むように設定を変更します。
起動しない状態を直す |
パソコンが黒い画面のまま起動しない時に修理するには?
新しく買った完成版のパソコンやパーツを組み立てて作ったPC、または普段お使いの
PCの電源を付けた際に、真っ黒い画面のままでOSなどが起動しない時には
どうすれば修理できる?という疑問について。

※こちらの一例では、Windows 7などのOSでの操作について解説いたします。

まず、電源自体が付かない場合は、付属の電源コードがしっかりと本体とコンセントに
差し込まれていて、デスクトップPCの場合は電源のスイッチがオンになっているかを確認します。

自作組立パソコンや、パーツ交換後のパソコンの場合は、内部の各種電源ケーブルなどが
マザーボードやハードディスクドライブとしっかり接続されているか、取扱説明書を開き直して確認します。

Windowsのオペレーティングシステムが開かない場合は、ロゴ画面の時にF8キーを押して、
黒い画面と白文字の「詳細ブートオプション」のメニューを開きます。

Windowsを通常起動する」を選択してパソコンを再起動させます。

詳細ブートオプション

それでも起動が出来なかったら、今度は「セーフモード」を選択して縮小機能でOSを立ち上げてみます。

やはりオペレーティングシステムが全く開かずに黒い画面のままの場合には、
Windowsの深刻な破損か、ほかの理由も考えられます。
起動しない状態を直す |
Mac OS Xが起動中にフリーズして開かない状態を修理するには?
以前、所持しているApple製の薄型ノートパソコン「MacBook Air」を
使用している時に、操作ミスで電源ボタンを長押しして強制終了させてしまったことがありました。

Macの電源ボタン

Mac OS Xのパソコンを普段通りにトラブル無く使用して使い終わった後は、
通常閉じる時には電源ボタンを一回軽く押して
「コンピュータを今すぐシステム終了してもよろしいですか?」
ウィンドウが出てから「システム終了」や「再起動」を押して、OSを閉じます。

しかしその時はたまたま間違えて電源ボタンを数秒間、長押しして閉じてしまいました。

その後少し間をおいてからすぐにキーボード右上の電源ボタンを押してMac OS X Lion v10.7を
再度起動させようとしたら、その途中で待機画面に入ってしまい、開かなくなりました。

白~灰色の画面の中央にアップルのマークが出て、その下にクルクルと回る
アイコンが映るのみでフリーズに近いような待機中の状態が数十分ほど続きました。

結局MacBook Airのデスクトップ画面は開かなかったため、一度蓋を閉じました。

その後少し待ってからもう一度MacBook Airの蓋を開けてスリープ状態を解除しても
やはり起動せず直らなかったため、もう一度電源ボタンを長押しして再度、強制終了をしました。

それから数時間ほどMacBook Airを休ませて、再びMac OS X Lion v10.7を開くために
電源の起動ボタンを押したら、今度は正常に起動出来てデスクトップ画面とDockが表示できました。

それから先もエラーやフリーズは起こらずに問題なくMacを使用できて、
幸い一時的な起動のトラブルと簡単な修理の手順で済みました。
起動しない状態を直す |
パソコンの立ち上げが遅い時に最適化するには?
パソコンは電源ボタンを押してから主にまずBIOS画面が表示されて、次にOSのロゴマークと
読み込みの画面、そしてユーザーアカウントの認証画面、デスクトップ画面、と移ります。

(Windows 8の場合は間に壁紙が表示されて、
基本設定ではデスクトップではなくスタート画面が表示されます。)

しかしこの間で やたら立ち上げにかかる時間が遅くて効率が良くないので
待ち時間を短くするには具体的にどういった最適化の対応策がある? という疑問について。

コンピューターを最適化


まず基本的なカスタマイズ方法として、現在お使いのパソコンの性能を見直してください。

例えばメモリの容量が低いと処理速度が落ちやすくなります。

1GB未満のメモリを1枚使いの場合は、もう1枚同じ容量のメモリを購入して
マザーボードの空いたスペースに増設して2倍にしてみましょう。

またはOSの最大容量に合わせて2GBや4GBのメモリを1枚~4枚
コンピューターに搭載して、大幅に容量を上げてみて下さい。
起動しない状態を直す |
パソコンが起動しないトラブルの原因と修理の方法は?
パソコンが突然起動しなくなってアプリケーションソフトのプログラムも一切使えなくなってしまう
アクシデントが起きた場合、一体どういった理由が障害の原因で、またどのような方法で修理できる?
という疑問について。

PCの起動障害には、デスクトップ画面が出ない、OSが立ち上げられない、
BIOSの表示が出てこない、電源が入らない、といったいくつかの段階による
障害の原因がありますので、それぞれ順を追って解説をしていきます。


デスクトップ画面が立ち上がらない


OS画面まで普段通りに出てくるものの、デスクトップ画面が表示される前に青または水色の背景と
白い英文の文字のスクリーン画面が表れたり、
自動的に再起動されてしまう症状が繰り返される状態など。

新しいアプリケーションソフトをインストールしたり、
新しいハードウェアを接続した後で異常が出る事があります。

まず、USBコネクタのプラグを外して、次にセーフモードなどの緊急用プログラムで一度
OSを開き直せましたら直前にセットアップしたアプリケーションソフトをアンインストールしてみてください。
起動しない状態を直す |
NTLOR(ローダ)が見つからず起動できない状態の直し方は?
パソコンの電源ボタンを押したら、起動はするけどWindowsが開かない、という状態になった時、
真っ黒な画面に白文字で、
NTLOR is missing Press Ctol+Alt+Del to restantと表示される時があります。

この状態は『NTローダ』というWindows NT系のOSを起動するのに必要なブートローダが
ハードディスクの中で見つからずに立ち上げが出来ないこと、すなわちウィンドウズの
オペレーティング・システムを開くためのプログラムが不明な状況に陥っているエラーです。

NTLOR is missing Press Ctol+Alt+Del to restantの文字の意味通りに、
まず最初に試みる直し方として、キーボードのCtol(コントロールキー)と
Alt(オルタネートキー)とDel(デリートキー)の3箇所を同時に押します。

一度パソコンが再起動されまして、次は正常にOSが開ける事もあります。

もし上手くWindowsが立ち上がったら、念のために真っ先にHDDに保存された
必要なファイルを全て別の保存メディアにコピーしてバックアップデータを作成されることをお薦めします。
起動しない状態を直す |
前回正常起動時の構成(詳細)でWindowsを開く方法とは?
Windows OS(ウィンドウズ)が何らかのエラーやシステムの不具合を起こして
デスクトップ画面やログオン画面が開かなくなった時に、開き直す方法について。

まずはしばらく電源を止めてから再度付け直してみるか、起動直後にF8キーを数回押して
詳細ブートオプション画面を開き、セーフモードで開いてみましょう。

しかしセーフモードを試してみてもMicrosoft Windowsの画面が開けなかった場合、そのまま
自動的に再起動されて、何もせずに再び詳細ブートオプション画面が表示されることがあります。

そこで次に、上下カーソルの真ん中くらいの位置にある項目
『前回正常起動時の構成(詳細)』を選んでEnterを押してみましょう。

前回にウィンドウズの起動が正しく成功した状態の設定で
自動的にパソコンが機能して、OSを開きなおします。

また、詳細ブートオプションはパソコンのBIOS(バイオス)と各部品が
問題なければ、電源を起動してからF8キーを押す事で何度でも開く事ができます。

前回正常起動時の構成(詳細)で起動でOSを無事に展開できましたら、念のために
必要なデータはすぐに全てバックアップを取って、今までにインストール・セットアップした
ソフトウェアや保存したファイルなどを、
アンインストーラーやシステム修復ツール等を使って全て整理・点検を行いましょう。
起動しない状態を直す |
パソコン整備中にシステムが壊れた時に修復するには?
普段使っているパソコンをもっと快適化/高速化してもっと使いやすくするために
ドライブ内の整理やメンテナンスを行っている最中に急にシステムが停止して
動かなくなった場合に修復する方法について。

OSの再インストール中に途中で止まってしまい以後正常に起動しなくなったり、
ディスククリーンアップやディスクデフラグツール・快適化ソフトの動作中にフリーズや強制終了が
発生してしまう、といったシステムの異常は、たまにパソコン整備中などにも起こることがあります。

ハードディスクドライブの中身を丸ごとチェックして整理をする作業はPCへのかなり大きな命令で、
CPUやメモリも相当に使用するため、部品のスペックが低いマシンや長く使って大分古い本体だと、
フリーズやエラーが発生する可能性が高いという難点もあります。

最近の性能の高いパソコン機器でしたら大抵あまり頻繁には起こらないものの
使い方次第ではやはり稀にトラブルが起きてしまうこともあります。

オペレーティングシステム自体が壊れた、と思われた際には、
まずは電源起動後のF8キーによるセーフモードから開く方法など
一通りを試してみる、また暫くパソコンを動かさずに待ってみるなどして、

それでもOSが動かないようでしたらリカバリーディスクからの
上書きインストールまたはクリーンインストールを行われてみて下さい。

しかし再セットアップでそれまでのデータが丸ごと初期化で消えてしまうため
必要なファイルのバックアップが無い場合にはフォーマット作業をする前に、
データ復旧サービスにて中身の必要なデーターを全部取り出してもらうことをお薦めします。
起動しない状態を直す |
ウィンドウズの起動が途中で止まる障害から復旧するには?
PCの電源を入れて起動中に、Windowsの画面が表示されている際に途中で止まって
電源のストップや再起動が繰り返されてしまうトラブルが発生したときの復旧の方法について。

まずは、電源の起動後にF8キーを押し続けて、セーフモード画面を開きます。

・セーフ モード
・セーフ モードとネットワーク
・セーフ モードとコマンド プロンプト
・前回正常起動時の構成(正しく動作した最新の設定)
・Windows を通常起動する

といった項目を一つずつ選択して起動の実行を試してみてください。

正常にウィンドウズが起動できましたら、以前の起動時にOSシステムの設定を変えたか、
新しく何かアプリケーションプログラムをインストールしたか、
またはコンピューターウイルスに感染したかどうか、確認をされてみてください。

『システムの復元』などを使って復旧を試みてみましょう。
起動しない状態を直す |
BIOS(バイオス)の設定に失敗して起動しない時の解決方法は?
Windows OSのパソコンに新しくビデオカードやサウンドカード・LANボードなどの増設や
機能の拡張をしたい時、パソコン機種やウィンドウズのバージョン・システム設定が古いままだと、
最新のパーツやデバイスドライバに対応できない場合があります。

そんな時、PC起動プログラムのBIOS(バイオス)を新しいバージョンに
アップデートする必要が出てくる事もあります。


BIOS更新前の注意


バイオスはパソコンの起動に関わる重要なシステムであり、そう頻繁にアクシデントが
起こるわけではないのですが、もしもバージョンアップ作業の途中で障害が出て書き換えに
失敗してしまったりアップデートのエラーが発生してプログラムが壊れてしまうと大変危険です。

パソコンが起動できなくなり自分ではどうやっても修復できなくなってしまい、
OSロゴ画面やデスクトップが起動できなくなります。

そのため、もしものBIOS更新トラブルの発生による損失に備えて
重要なデータファイルのバックアップ作業は事より前に必ず行ってください。
起動しない状態を直す |
新しいパソコンでソフトウェアプログラムが動かない原因とは?
パソコンをスペックの良い新型に買い換えてそちらをメインに使っていく時、今までの本体で
使っていたアプリケーションプログラム(ソフトウェア・ツール)も移し変えたい場合には、

ソフトウェアのディスクやインターネットのサービスからインストールするか、
USBメモリやMOなどの外部記憶メディアにコピーして新しいPCの
『Program Files』フォルダ内にペーストする方法がありますが、
これだと動かないケースもが多く、動いたとしてもいろいろ設定を失っている場合があります。

基本的にはインストールのし直しによる方法を優先して行って下さい。

しかし今まで使っていた本体では正常に開けていたのに、新しい本体では
なぜか正常に起動やセットアップができない、というトラブルがたまに起こります。


主な起動エラーの要因


・一台に一つ限りの有償ソフトウェアであるため、ライセンスの更新が必要。
・メモリやCPU・ビデオカード・マザーボードなどPCの動作環境が合わない。
・WindowsのOSバージョンが違うため(Vistaに対応できないソフトもあります)
・フォルダをコピーして移し変えた際に中身のファイルが消えたか壊れてしまった。
・インストール・セットアップの際の設定が前と違うか、現在のPCに合っていない。
・OSやシステムファイルの初期設定が前の本体とだいぶ違うため。
・Microsoft Net FrameworkやPower DVDなど起動に必要なプログラムが
 セットアップされていないため、そのままでは開けない。
起動しない状態を直す |
iOSのアップデートに失敗して起動しない時に復元するには?
アップルのiPad(アイパッド)やiPhone(アイフォン)、iPod(アイポッド)をお使いの際に
iOSのアップデートを開始してしばらく経ってからiPadを起動しようと電源ボタンを押したら、

iPadが操作不能になってしまい、起動できなくなり、電源ボタンを押すと、
背景が白で真ん中にはAppleのマークという通常の画面が出てきて、その後急に画面が暗くなり
次の画面に進めない状態から復元するにはどうすればいい?というご質問について。

別のiPad(アイパッド)やiPhone(アイフォン)やiPod(アイポッド)をiTunesに接続したら
正常に反応した時は、iTunesの調子が悪いわけではなく、また今までiTunesを使っていた時は
正常に反応していた、という場合は、やはりiOSのアップデートが原因の可能性が高いです。

まず一度iPad/iPhone/iPodの電源を切って、充電をしっかりと行います。

もう一度か二度、起動を繰り返してみます。

それでも開かない時は、試しに自分のWindowsのパソコンのiTunesにUSB接続して、
同期ができたら、「バックアップと復元」のメニューで復元機能を試してみます。
起動しない状態を直す |
ノートブックPCの電源と画面が起動しない状態を修理するには?
ノートブックPC(laptop computer・notebook computer・notepad)は
普通のデスクトップパソコンよりずっと小型で、かつ液晶モニタやキーボード、ディスクドライブが
ひとつに収納されているため、業務用や持ち運び、移動時間中の作業などに大変役立ちます。

メーカー製のノートパソコンには、apricot、Compaq nx、DynaBook、Eee PC、Endeavor、
FC-NOTE、FMV BIBLO、Inspiron、Inter Link、LaVie、Let'snote、MacBook、
Mebius、SA、ThinkPad、TOUGHBOOK、VAIO、Winbook、など数多くの商品があります。

しかしながら内部は頑丈に作られているとはいえやはりHDDやマザーボードなどの
デリケートな精密機器が設置されていますので、移動中の衝撃や置き場所の環境といった原因で
故障が起きてしまい、突然電源が付かなくなったりOS画面が
起動しなくなってしまうアクシデントに遭う可能性も決して低くはありません。

ただ、必ずしもどこかのパーツに異常が出てしまったとも限らず、
例えば長時間の連続使用でバッテリーが切れてしまっただけ、という事も
ありますので、修理の際、まずは状況を確認されてみてください。

自宅・自社の場合、付けていた電源コードが抜けていた場合は、
Notebook PC(ノートブックパソコン)によっては差し直してもすぐにはバッテリーが続かず、
ある程度充電させてからでないと使えない、というパターンも稀にあります。

外付けデバイス機器を前回終了後からそのままUSBポートに付けたままにしておくと
(USBメモリーカードなど)、OSの起動にエラーが発生する場合もありますので、
特にノートPCは一度全てのデバイス機器を取り外してから電源を終了した方が安全です。
起動しない状態を直す |
パソコンが立ち上がらない原因とその修理の方法とは?
パソコンを日々使ううちに、電源を入れても起動しないアクシデントや、
オペレーティングシステムのデスクトップ画面が立ち上がらないトラブルに
遭遇してしまう事は誰にでも何度か経験があると思われます。

しかしPCが正常に起動できない状態になる原因は
かなり多くありますので、その一つ一つを大まかに解説していきます。

電源に関するミス


まずデスクトップパソコンでよくあるケースとして、PCケースの後ろにある電源スイッチが
オフになったままの状態である事が多いので、オンに切り替えているかどうか確認して下さい。

また電源コンセントに電源ケーブルがしっかりと差さっていて、
PCケースの差込口にもしっかり差し込まれているか確認してください。

ノートパソコンやネットブック、タブレット端末の場合、最初にバッテリーが充電されているかどうか、
またはじめにバッテリーが本体に入っているかどうかも確認して下さい。

次に、液晶ディスプレイ(モニター)のケーブルのコネクタの形状が
PC本体の差込口と同じでしっかりと認識されているかどうか再確認して下さい。

もしコネクタが違っていたら、別売の変換プラグか変換ケーブルを買って新たに取り付ける必要があります。

使い始めてから最初のうちでもし画面が正常に映らなかったらモニターの
「インプット」(input)のボタンを押して、設定を有効にしてみましょう。
起動しない状態を直す |




URL:https://pckosyousyuuri.blog.fc2.com/blog-category-2.html
Copyright (C) 2008-2018 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.