パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【液晶ディスプレイ・モニタ】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
こちらは「液晶ディスプレイ・モニタ」のカテゴリーに分類した、見出しの一覧ページです。
液晶ディスプレイ・モニタ のカテゴリー








ページ案内
下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。
作成した各ページの内容も新旧ともに定期的に、サービスを更新しています。





液晶ディスプレイが映らない時に別のモニターから修復するには?
デスクトップパソコンで使っていた液晶ディスプレイ(liquid crystal display)、
あるいはノートパソコンの液晶モニターの画面が突然映らない状態になった時、
何が原因で表示されないかがわからないため、
ひとまず画面を見れるようにして問題の修復をするには、どうすればいい?という疑問について。

ディスプレイケーブ

まず、一旦デスクトップパソコンから、
正常に動かない方の機材のディスプレイケーブルやUSBケーブルを、コネクタから外します。

パソコンのポートに接続するケーブルのコネクタが割れていたり、ピンが折れたり外れていたり、
コードが断線しているかもしれないほど強く曲がっていないかどうかを確認します。

液晶ディスプレイ本体からディスプレイケーブルを取り外しできる製品でしたら、
同じ種類のケーブルを購入して、入れ替えて代わりに差し込みしてみる手法があります。

取り外しが一見できないように見えても、どこかにある蓋を外すと、そちらにコードの
差込口が配置されていて、とりあえずコネクタだけ取り換えることができるモニターもあります。

強い衝撃などで、ポートからケーブルが外れていたりしないかどうかも、確認します。

※対象の液晶モニターや液晶ペンタブレットが、お使いのパソコン本体やOSのスペックに対して
 動作環境が超過している場合は、映らない可能性があります。

コードを二つ以上繋げる仕様の製品の場合には、片方がいつの間にか外れていたり、
うっかり接続を忘れていないかどうか、お確かめください。

ディスプレイポート(DisplayPort)が複数の種類で使用できる製品の場合は、
もう一方のインターフェースの規格をコネクタに差し込みして、開くこともできます。

もしパソコン側のコネクタ自体が破損していたら、PC本体のコネクタをマザーボードか
専用のカードごと交換する必要があります。

また、液晶ディスプレイの本体の電源スイッチがいつの間にかオフになっていたり、
本体の独自のボタンをどれか誤って押していたら、取扱説明書に沿って直してみます。

また、多くのパソコン修理サービスセンターでは、液晶モニターのサポートも実施されています。
液晶ディスプレイ・モニタ |
ブルーライトカット液晶保護フィルムでモニタの目疲れを防ぐには?
近年ではデスクトップパソコンに取り付けた液晶ディスプレイやノートパソコン、
一体型PC、モバイルコンピューター、サーバー機器などの液晶モニターを
日々、長時間見続けていく機会が多くなってきています。

液晶画面を目に近い位置から連続で長い時間を見続けていくと、次第に目の疲れやかゆみ、
それに伴う頭痛や気分のだるさといった体調への影響が出てしまう事もよくあります。

そうなると体調の問題だけでなく総合的に仕事・活動の作業効率や成果にも
響いてしまう事が多いため、できるだけ目の負担を軽減する事も考えていく必要があります。

[主な眼精疲労の防止対策]
・モニタに目を近づけすぎず正しい姿勢で一定の距離を保って使う。
・一定時間おきにデスクトップの席を離れて休憩を取る。
・モニタを凝視しすぎず、時々違う方向を向いて瞬きの運動をする。
・室内の照明器具や画面から出る光の明るさを適度に調節する。
・光が反射しやすいものは周囲に置かないようにする。
・デスクトップのスクリーンに派手な背景やCG効果は使わないようにする。
・作業が終わった後はしっかりと休眠を取って翌日に備える。

これらの目の負担を少しでも軽減してモニタ疲れを防ぐ対策に加えて、
最近では画面から発せられる「ブルーライト」を遮断して
眼への負担を軽減する[液晶保護フィルム]が発売されています。

[LED液晶ディスプレイ]から発せられる[ブルーライト]という強い可視光線は目の角膜や水晶体を抜けて
網膜にまで届いて負担をかけて、眼精疲労・ドライアイ、不眠などの原因になると言われています。

また日の光に比べればごく微量ですが、液晶モニターの画面から発光するライトからは
人体には少し有害な[紫外線]も同じく発せられています。

[ブルーライトカット]は画面の真上に薄い透明のシールを貼って、傷や汚れからモニタを守ると同時に
ブルーライトや紫外線の光を大幅に遮断して目の疲れを軽減する形で防ぐ効果を持つ特殊なシートです。

ノートパソコンに貼付

主な製品として現在、【ELECOM:エレコム株式会社】の「EF-FL」シリーズがあります。

[ブルーライトカット液晶保護フィルム]は電気店やパソコンショップ、
または通信販売でなどで発売されています。

サイズを選んで購入して手元に届いたら、同梱されている用紙の説明を
よく読んで、正しい手順で貼り付けをして下さい。
液晶ディスプレイ・モニタ |
マルチモニタの画面が映らない時に回復する方法は?
デスクトップパソコンで「DVI」や「D-sub」「HDMI」のモニタ接続用端子の差込口が
2つ以上付いているマシン本体に液晶ディスプレイを2台以上接続したり、
ディスプレイ+液晶ペンタブレットの2つを接続する使い方を「マルチモニタ」と呼びます。

DVI端子

しかし差込口や手順をうっかり間違えてしまうと、どちらか片方、あるいはその両方で
オペレーティングシステムのデスクトップ画面が正常に表示されない場合があります。

まずよくあるミスとして、パソコン本体からケーブルを差し替えた時に
今まで使っていたマルチモニタの片方がなぜか急に映らない状態になった場合は、
差し込んでいる端子の位置を変えてみると表示が回復する場合があります。

例えばメインで使っている方のディスプレイと繋げているコネクタの端子を、
サブで使っているモニタや液晶ペンタブレットのコネクタを差し込んでいた方の差込口に
間違えて逆に接続してしまうと、正常に映らなくなることがあります。

ディスプレイ本体のインプット(INPUT)ボタンを押さなければ黒い画面のままで
ちゃんとOSの画面が映らなかったり、マウスカーソルのみが映って他は何も出てこない、
といった状態になりやすくなります。

その時は差込口をすぐに入れ替えるか、もう片方のモニタのコネクタ(コード)を取り外すと、
また正常に画面が映り回復する見込みがあります。

液晶モニタはソフトウェアのインストールなどの必要もなく大抵はすぐに映るのですが、
一時的に使用するパソコン本体を入れ替えたり、新品を購入して新しく繋げる時は
特に注意して、時にはもう一度説明書を読み直して手順をチェックしてみましょう。

また液晶ペンタブレットなどの専用の機材でソフトウェアのセットアップが必要な場合は、
パソコンを変えるたびにその都度、取扱説明書を取り出して、
正しい順序で正確にインストールと接続の作業を行って下さい。
液晶ディスプレイ・モニタ |
ノートパソコンでデスクトップ用モニターの画面を表示するには?
ノートパソコンにディスプレイコネクタ用の接続ポートが付いていれば、
デスクトップパソコン用の液晶モニターを変換コネクタ(コード)で接続して、
大型の液晶モニタで画面を表示できる方法をご存知でしょうか?

例えばお手持ちのノートパソコンを使って自宅や会社内で作業をする時に
本体のモニタよりも大きな画面で見ながら便利かつ効率的に作業をしたい場合や、
ノートパソコン本体のモニタが割れてヒビが入ったり液晶パネルの部分が
壊れてまともに映らなくなった場合に、臨時として使う事もできます。

ディスプレイコネクタ

今のノートPC製品の多くには、ケース左側の側面部分にディスプレイケーブルを
差し込むためのアナログ接続端子用の差込口が付いています。
液晶ディスプレイ・モニタ |
液晶パネルの画面が映らない時に交換修理をするには?
液晶パネルとはディスプレイ・ディスプレー・モニタと呼ばれる画面装置に
取り付けられた、液晶組成物で作られている板状の表示パネルの事です。

液晶モジュール」はこれを含めて構成されたモニタの一部である部品の事です。
単にモニター部分を液晶パネルと呼ぶ場合もあります。

デスクトップパソコン用の液晶ディスプレイやノートパソコンの液晶モニタ、モバイル製品などの
パネルと、どの媒体によるかでも違うのですが、PC用では主に次のようなメーカー製品があります。

液晶モニターの電機メーカーには、東芝(TOSHIBA)、SONY(ソニー)、
パナソニック(Panasonic)、三菱電機(MITSUBISHI)、日立、セイコーエプソン、
ビクター(victor)、などがあります。

これらの映像機器の画面が急に映らなくなったり画質が乱れる場合、
またドットと抜けや、一部が暗く発光する、画面が衝撃でヒビ割れしている、
線が引いたような状態になるという時は、液晶パネルが故障している可能性があります。

(単に電源スイッチがオフになっていたり、待機中になっている事やシステムの仕様上で一時的に
映らないだけの場合もありますので、故障と断定する前に念のために色々確認を取りましょう。)
液晶ディスプレイ・モニタ |
バックライトの故障を交換修理する場合は?
バックライト(backlight)とは、デスクトップPCやノートパソコン、携帯電話、iPod、iPhone
といったコンピューター機器の液晶ディスプレイ(LCD)の画面から当てられる光源です。

モニターの液晶自体が発光する仕組みではないため、背面の位置から
光を当てる形の透過型液晶という仕組みが使われています。

近年ではエッジライト方式よりも直下型方式の技術がメインで使われています。


液晶画面の不調


液晶ディスプレイ装置やノートパソコン等のモニターは長く使っていくと、画面の一部に
線が引かれたように映ってきたり、色が赤や黄色が掛かったようになって見えにくくなることもあります。

また、画面が暗くなりすぎたり明るくなり過ぎる場合や、モニタの一部の映りが
おかしくなったり、完全に何も映らなくなる場合など様々な種類の不調も存在します。

ディスプレイの回路か液晶パネルが壊れている可能性もあるのですが、
更に奥の背面にあるバックライトに異常が出て画面の映りが変になることも多いです。

原因は部品の劣化や寿命、または持ち運びの際に受けた衝撃や
高電圧による負荷などによる影響が主に考えられます。

ですがバックライトが破損しただけでそのコンピューター機器自体が使えなくなるわけではなく、
壊れたバックライトを新しいものに交換する事で再び画面が正常に映り、再度使用出来るようになります。
液晶ディスプレイ・モニタ |
画像の画面表示が粗く映る時に修正するには?
デジタルカメラやケータイで撮影した写真画像ファイルやグラフィックソフトで作成したCG画像の
データを、ソフトウェアの機能やイメージビューアを使用してコンピューターのモニター画面に
表示させたら、画質が悪くかなり粗く見えたり、まともに映らない場合の原因と修正の仕方について。

デイスプレーの画面上で汚く見えてしまうケースとしましては、以下のような原因が考えられます。

・画像の解像度が低い。
・ズームや縮小モードで表示されている。
・写真の映りが手ぶれなどで霞んでしまっている。
・ディスプレイ装置のの設定が合わない、または機械の調子が良くない。

まずは画像の表示サイズが100%になっているかをお確かめください。

拡大や縮小で表示が大きくなったり小さくなったりしていた時は、
100%の状態に調節する事で粗さが消えて表示の状態がすぐに修正されます。

モニターを配置している場所によっては見え方が変わる事もあるため、
画面の側の渕などの位置にある調節ボタンで色の明るさ・暗さも変えてみましょう。

次に、JPEGファイルなど、画質の解像度が72dpiかそれ以下と低い場合は
画面も粗く見えてしまいます。

グラフィックソフトの画像保存処理が低画質に設定されている時は
bmpで保存したり、dpiを100に設定変更するなどの対処を行ってみましょう。
液晶ディスプレイ・モニタ |
ディスプレイコネクタの差し間違えによる画面非表示の状態を直すには?
デスクトップパソコンにはノートパソコンやスマートフォンと違いモニタ画面が
直接設置されていないため、別売の専用ディスプレイを購入して、
電源コードとコネクタをディスプレイに接続して使用することになります。

パソコンとモニタをつなぐにはPCの裏側にあるディスプレイコネクタに専用コードを差し込んで
画面を表示させるのですが、パソコン本体によって接続の場所がやや異なりますのでご注意ください。

電源は入るのに画面がまったく映らないので故障している?と見える場合も多いです。

しかし接続する場所を変えてみたら、ちゃんと表示できたというパターンもよくあります。

ディスプレイコネクタが二箇所以上あるパソコンでは、どれか一つのみしか
接続できないように設定されている場合や、アナログコネクタとデジタルコネクタとの違い、
また特殊な形状のコネクタで、専用のアダプタが付属で付いているパソコンなど、
様々なタイプがありますので取り扱い説明書にも目を通されてください。

しかし稀に、液晶ディスプレーとPCの相性が悪くて表示画面がおかしくなったり、
どちらかの機器または接続コードが実際に故障しているケースもあります。
液晶ディスプレイ・モニタ |
液晶モニター(ディスプレイ)が故障した時に修理を注文する時は?
PC用液晶ディスプレイ(モニタ)とはご存知、デスクトップパソコンに接続して
映像や文書を表示するための画像表示装置です。

近年では端子の接続により映像を美麗な高画質仕様で表示できる製品も多く販売されています。

液晶モニタは基本的にPC本体よりもずっと壊れにくく、何年も長持ちします。

ただ長期間の連続使用といった使い方や配置場所、PCとの相性などによっては
時間が経つにつれて映像に乱れが発生したり、また落雷や水害、日光、埃の侵入、
画面に傷がついてしまう、といった外的な要因で故障が発生してしまう事もあります。

1年~5年間の保証契約プランに加入されていれば、期間内でしたら新品への代替や
そのままでの修理作業を注文する事ができますので、保証契約の期限が過ぎていなければ
まずはメーカーまたは販売店にお問い合わせをされてみて下さい。

しかしながらデスクトップパソコン本体と違い、液晶ディスプレイ単品を購入した場合、
保証期間、及び初期動作不良の時の交換サービスが
付属していない場合がありますのでご注意ください。

MITSUBISHI(三菱)製品の10万円前後あたりの高額な液晶モニタ等でしたら
大体デフォルトで保証が付いているのですが、1~3万円くらいの安いモニタや
中古製品の場合は例えば1500円あたりの有償での保証プランに加入する必要がある
ケースが多いです。(ノートパソコンやiMacはまた別です。)

そのため、これらに加入していないと万が一、
・正常に作動しない不良品に当たってしまった、
・自宅のPCとディスプレーとの相性が合わない、
・使い始めてから一週間くらいで画面に乱れが生じてきた、
・買った後で自宅に持ち帰る間に強い衝撃を受けてしまった、
・一年も保たずに画面が移らなくなってしまった、

といった早期のトラブルが発生してしまっても新品交換や修理サポートを受けることが
出来なくなり、大きな損失に繋がりかねませんので
購入時には必ずよく注意して、購入プランの手続きをされて下さい。
液晶ディスプレイ・モニタ |
大型ディスプレイ(モニタ)の画面が映らない時に修理するには?
デスクトップパソコンの起動画面は、別売の周辺機器ディスプレイ(Display)
というモニタ画面の出力機器を接続する事で見ることができます。

ノートパソコンにはモニタが本体と一体化して搭載されているのですが、デスクトップ(据置型PC)は
本体とは別に、サイズや形状、メーカー製品など自由に選んで購入して使うことができます。

その中で24インチ以上と特に大型の液晶ディスプレイを購入して使用する際、
なぜか画面が映らない、という時の原因と修理する方法について。

まず、その液晶モニターが新しい製品だと、古いオペレーティングシステムのパソコンでは
対応されていないため、正常に映らない、という可能性があります。

動作環境を確認されてみてください。

ディスプレーの中で最も標準的で需要の高く、汎用されているサイズは
15インチ(解像度1024×768)の製品で、個人・企業問わずにこのサイズの
モニタを使われている型は大変多いかと思われます。

しかしながら1024×768ピクセルのサイズはモニタの中では小型な方で、
他にも以下のようにさらに大型のディスプレイは沢山あります。

・15インチ型:XGA 1024×768
・17インチ型:SXGA 1280×1024
・19インチ型:SXGA 1280×1024
・20インチ型:UXGA 1600×1200
・19インチ型ワイド:WXGA+ 1440×800
・24インチ型:WUXGA 1920×1200
・フルHD:1920×1080    等。

大型のサイズは電力も使い、スペックも高いため、仕様を購入前によく確認されていくことが重要です。
液晶ディスプレイ・モニタ |




URL:https://pckosyousyuuri.blog.fc2.com/blog-category-40.html
Copyright (C) 2008-2018 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.